仮想通貨

仮想通貨時代の必勝戦略「クジラ・インテリジェンス」

仮想通貨時代の必勝戦略「クジラ・インテリジェンス」:初心者が勝つための富裕層の教え

アマゾンから、仮想通貨時代の必勝戦略「クジラ・インテリジェンス」:初心者が勝つための富裕層の教えが出ました。筆者はもちろんアンディ・ナンさんです。

内容を順次読みながら、クマノミの考えること、少しずつ書いてみます。

仮想通貨時代の幕開け

「稼げるか否か?」という論点とは関係なく、世の中が仮想通貨無くしては語れない社会へと移行しようとしているのです。

石器時代は石が通貨の役割を果たしていたとか。クマノミが小さい頃は、現金決済しかない世界でした。今は、昔の人には想像できない世界になっています。クレジットカードが出現し、スイカのような交通系ICカードが出て、セブンイレブンではナナコカードを使います。

間違いなく、仮想通貨が、本当の通貨として、広く使われるようになると確信します。

であれば、仮想通貨に慣れておいて損はないですね。

ビットコインが必ず値上がりする根拠とは

ビットコインはどのように発行されるのか?
それはマイニングと呼ばれるブロック(分散台帳)へ記帳された数字の検証作業の報酬としてのみ新規に発行されるのです。

これは説明されてもよくわからない事柄です。ただ、マイニングを行うマイナーと呼ばれる業者の数は増えているそうです。発掘業者とも呼ばれてますよね。

ビットコインの辿るべき将来は2つしかありません。
大局的に必ず値上がりし続けるのか?
それとも、無価値な単なる数字の羅列と成り下がるのか?

後者が起こりうるとしたら、JPモルガンなどの大手事業者が参入するのでしょうか?
長い目で見たら何が起こって行くのかはわかりませんが、少なくとも今年は値上がりすると考えて良いのではないでしょうか。

ネオ富裕層の教え

2017年9月15日チャイナ・ショックを境に、仮想通貨界が激変したそうです。

仮想通貨の相場は大口投資家によって操作されているという事実です。もっと厳密に言えば、個人投資家の感情を操作しているのです。相場が投資家個人の感情で形づくられることを考えれば至極納得できることです。

ウオーレン・バフェットの投資ルールにも通じるネオ富裕層たちの信条
絶対負けてはいけない
負けなければ、それはすなわち勝ちである

が、理論的に完璧に展開されているのですからね。

アンディさんも、「負けないトレード手法」をこの時覚えたのですね。
株式相場も、メンタルに影響されて相場が動くのだと思っていましたが、仮想通貨の世界は、もっと簡単に操作されているということなんですね。

「クジラ・インテリジェンス」基本概念

そこで私は独自にアレンジを加えることで、ネオ富裕層の「負けないトレード手法」を少額資本でも着手できるように昇華させて行きました。
もう、お気づきと思われますが昇華させた手法こそ、本章から紹介します仮想通貨時代の必勝戦略「クジラ・インテリジェンス」です。

クジラ・インテリジェンスは、少額資本でできる負けないトレード手法なんですね。

現代日本人は真似することを「みっともない」と認識する人間が多くなりました。情報は全て無料で得られるもので、待っていれば向こうから勝手に我が身へもたらされるものと認識しています。すなわちインテリジェンスの概念が消えて無くなっています。

子どもは真似して育ちますよね。なんでも形から入ったり、真似することは上達のための第一歩と思います。

もっとも重要であなたに知っておいて欲しいことは「インテリジェンスは能動的に得ようとしない限り入手の方法は存在しない」ということです。

インターネットには情報が溢れているけれど、受け身で待っている状態。能動的に取りに行くものがインテリジェンスなんですね。

本書で申し上げるクジラ・インテリジェンスとは私がクジラから奪い取ってきた情報です。もちろん非合法なことは一切ありません。インターネット、そしてブロックチェーンというピュアにしてネオストな合法的取得方法で得た情報です。
そして、この情報を活用してクジラ・インテリジェンスの戦略目標を達成します。
すなわち、ネオ富裕層が実践する「負けないトレード手法」を少額資本で実現可能にすることです。

コインの世界を独占していた中国のネオ富裕層、今まで日本の資金はその人たちの懐へ入って行くばかりだったのではないでしょうか。アンディさんがいることで、少しでもその世界へ食い込み、利益の享受を受けたいと願います。

クジラとは

「クジラ」とは「大口投資家」を意味する隠語です。地球上最大の哺乳類、鯨からの連想であろうことは容易にイメージできると思います。
鯨が潮を吹くというのは、鼻呼吸の際に生じる現象なのです。そして普段は水面下で活動する鯨も、呼吸の際は必ず海面へ出てきて潮を吹き上げるのです。
この「潮を吹き上げる」という現象をなぞらえて、大口投資家を「クジラ」と称しています。特に現物相場ではクジラたる大口投資家が動けば、必ずと言っていいほど、その後、相場は吹上ます。
本書が提示する必勝戦略「クジラ・インテリジェンス」は、このクジラの動向を詳細な情報として得ようというものです。

クジラの動きがわかるアンディさんの情報が貴重なものになるのですね。

実際、相場の世界には、「噂で買って、事実で売る」という格言があります。フェイクだろうとデマだろうと噂になる時点で相場は動きます。

動くということが、稼げるための大前提ですよね。

仮想通貨の世界にはインサイダー情報という概念が存在しません。逆に各コインの開発・運営はホワイトペーパーとい名の下、率先してインサイダー情報をインタネットを介して投資家へ提供しています。

そうなんですね。不思議な感じがします。

この後、ハードフォークやアップデートなど、云々と続きますが、意味がわからないので、飛ばします。

イナゴとは

買い注文に殺到してくる個人投資家たちは「イナゴ」という隠語で呼ばれています。

見たことはないですが、空を埋め尽くして農作物被害をもたらす害虫ですね。

不思議なもので大量発生したイナゴの群れは一糸乱れず同じ方向へ向けて飛来するのです。こうした様を文字って高騰する相場に我先にと群がる個人投資家たちをイナゴと呼ぶようになったのでしょう。

イナゴの群れが大群であれば大群であるほど、チャートは急激に長く上へ延びていきます。この急激に上へ伸びる、まるで高層タワービルデイングのようなローソクを「イナゴタワー」とも呼ばれています。

クジラの潮吹きの正体は、イナゴの群れだったんですね。イナゴのおかげで、クジラが利益確定できるって、イナゴはおバカさんなんでしょうか?

幾度も幾度も懲りることなく、イナゴに成り下がり資産の損失を積み上げていくイナゴ。なぜ、懲りることなく群がるのか?それは、・・・fear of missinng out (FOMO)とよばれる感情が成せる業です。意味は「置いてきぼりにされることの恐怖」です。

今買わなければ、自分だけが利益を得られず置いてきぼりにされるって恐怖から、買いに走るんですね。
イナゴになりたくないですね〜
でも、このクジラインテリジェンスに参加したクマノミは、仮想通貨で稼ぐ人たちに置いてきぼりを食いたくないと思っていたんですよね。
ちゃーんと、イナゴです。改名した方がいいかしら。クマノミからイナゴへ(笑)

かくいう私も何度となくイナゴとして高値掴みをさせられてきました。頭で理解していても、こればかりはどうにもなりません。同じ失敗を何度も繰り返してしまうのです。

アンディさんも、イナゴだったんですね。あーよかった、私だけではなかった。でもイナゴのアンディさんに、イナゴにならない方法がわかるのでしょうか?

実は、この部分こそが本書の肝であり、必勝戦略と呼ぶにふさわしい内容です。あなたは今後、イナゴとして高値掴みしなくなるのです。

そうなんですね。それを聞いて安心しました。その方法を知りたいです。

イナゴの先頭を走る

イナゴの正体が普通の人間であれば抗いがたい恐怖心からくるものであるなら、自身がイナゴになることを防ぐ方法は皆無です。防ぎようがないのです。
だったら、解決策は一つしかありません。
「高値掴みをしない」ということです。

誰でもイナゴ、解決策は、高値掴みをしない。
どうしたら、高値掴みをせずにいられるのでしょう?

イナゴになって良いのです。胸を張って「イナゴとして稼ぐ」と宣言されて構わないのです。

そうなんですね。イナゴになって稼ぎます!!!

ただし、常にイナゴの先頭を走ってください。他のイナゴの誰よりも早く、高騰する相場に飛びついてください。一歩たりとも他のイナゴに負けてはいけません。
イナゴの先頭を走る
これこそが本書が提示する必勝戦略です。

イナゴの先頭を走れば良い。簡単に聞こえますが、どこで競争があるのかわからなければ、先頭ポジションにつくことができませんよね。

なぜ、イナゴは群れたのでしたでしょうか?そしてイナゴが群れるべく裏で画策していたキャストは誰だったのでしょうか?

答えはわかります。クジラです!

そうです!クジラです。
クジラが買い仕込みに動いたという事実は、とりもなおさず、その後にイナゴが群がってくるということなのです。
イナゴが群がる確信が無ければクジラは動かないよということです。

クジラが買い仕込みに動いた事実があれば、相場が上がる可能性があるということですね。

クジラが動いたという情報、これを適宜入手できれば、あなたは常に他のイナゴよりも先頭に位置しながら高騰する相場に群がることができるということです。
以上が、クジラ・インテリジェンスの概要です。

なるほど、クジラはイナゴがいなければ稼げない。
クジラになれないイナゴは、先頭を走れば良い!ということなんですね。

随分と勉強しました。

実際の詳しい戦略が次章から解説されます。
Amazonunlimitedの方は、無料で読めます。
ぜひ、手に取られて見てください。